阿,部,智,里先生の八咫烏シリーズ小説の非公式まとめwikiです。このwikiはファンの運営するものであり小説作者様並びには発行元の公式団体とは一切関係ありません。

第六作目【弥栄の烏(いやさかのからす)】
時系列:寛烏13年、山神が大地震を起こし山内は未曾有の大災害に見舞われる。玉依姫での出来事と同軸の八咫烏視点のお話。

単行本(ハードカバー):349ページ(発行: 2017/7/28)

内容(「amazon」あらすじより)
猿と八咫烏の最終決戦。若宮は名前を取り戻し、真の金烏となれるのか。壮大な異世界和風ファンタジー、感動のクライマックス! 第一部完結編。


・冒頭詩文・「山神さまのお使ひのカラスとサルのはなし」
「山神さまのお使ひのカラスとサルのはなし」『聞き書き 郷土の伝説』より 
 

第一章

 

第二章 断罪

 

第三章 治癒

 

第四章 迷走

 

第五章 完遂

 

終章 こぼれ種


コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


管理・編集者

    • 編集者
      • サクマ(sakuma_karasu)
      • あるま(alma_616)
      • ことは(kth00kth)
      • 青霧(ask29hkr29)
    • 文章提供者様
      • ふぃお様
      • 花筐様
    • サイト管理人
      • サクマ(sakuma_karasu)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます