阿,部,智,里先生の八咫烏シリーズ小説の非公式まとめwikiです。このwikiはファンの運営するものであり小説作者様並びには発行元の公式団体とは一切関係ありません。




単行本(ハードカバー): 356ページ(発行: 2012/06)

文庫本:377ページ(発行: 2014/6/10)

内容(「BOOK」データベースより)
八咫烏が支配する世界で始まった、世継ぎの若宮の后選び。宮廷に集められた四人の姫それぞれの陰謀や恋心が火花を散らす。だが肝心の若宮が一向に現れないままに次々と事件が!失踪する侍女、後宮への侵入者、謎の手紙…。后選びの妨害者は誰なのか?そして若宮に選ばれるのは誰なのか?第19回松本清張賞最年少受賞。


単行本(ハードカバー):344ページ(発行: 2013/7/10)

文庫本: 371ページ(発行: 2015/6/10)

内容(「BOOK」データベースより)
八咫烏が支配する世界山内では次の統治者金烏となる日嗣の御子の座をめぐり、東西南北の四家の大貴族と后候補の姫たちをも巻き込んだ権力争いが繰り広げられていた。賢い兄宮を差し置いて世継ぎの座に就いたうつけの若宮に、強引に朝廷に引っ張り込まれたぼんくら少年雪哉は陰謀、暗殺者のうごめく朝廷を果たして生き延びられるのか…?


単行本(ハードカバー): 350ページ(発行: 2014/7/23)

文庫本: 376ページ(発行: 2016/6/10)

内容(「BOOK」データベースより)
八咫烏の一族が支配する世界山内で、仙人蓋と呼ばれる危険な薬の被害が報告された。その行方を追って旅に出た、日嗣の御子たる若宮と郷長のぼんくら次男雪哉が、最北の地で発見したのは、何と村人達を襲い、喰らい尽くした大猿だった。生存者は小梅と名乗る少女がひとりだけ―。一体、この世界で何が起こっているというのだろう?
 

単行本(ハードカバー):364ページ(発行: 2015/7/29)

内容(「BOOK」データベースより)
八咫烏の一族が支配する世界山内で、宗家を守るのは山内衆と呼ばれる上級武官。勁草院という養成所で厳しい訓練がほどこされ、優秀な成績を収めた者のみが護衛の栄誉に与る。平民の茂丸、下人の千早、大貴族の明留、そして武家の雪哉。生まれも育ちも異なる少年たちは、勁草院の過酷な争いを勝ち抜き、日嗣の御子を護る武人になれるのか…?「八咫烏シリーズ」第四弾。


単行本(ハードカバー):338ページ(発行: 2016/7/21)

内容(「BOOK」データベースより)
生贄伝説のある龍ヶ沼と、その隣にそびえる荒山。かつて、祖母が母を連れて飛び出したという山内村を訪ねた高校生の志帆は、村祭りの晩、恐ろしい儀式に巻き込まれる。人が立ち入ることを禁じられた山の領域で絶対絶命の志帆の前に現れた青年は、味方か敵か、人か烏か―。ついに明らかになる異世界「山内」の秘密に震撼する“八咫烏”シリーズ最新作。



文藝春秋発行の月刊版「オール読物」に掲載された八咫烏シリーズ待望の読み切り短編小説。19ページによる頸草院草牙時代の話に苗村さん画の挿絵2頁付き。

時系列:寛烏九年、雪哉が頸草院草牙時代の端午の節句前後のお話。

雑誌:454ページ(発行: 2016/6/22)※【しのぶひと】はp204〜p222までの19ページ。



このページへのコメント

八咫烏シリーズ外伝【しのぶひと】の項目を追加しました。

Posted by サクマ 2016年09月11日(日) 14:31:15

・【烏は主を選ばない】 文庫本のページ数、発行日が【烏に単は似合わない】のものになっていたので修正しました。

・【玉依姫】のページ数が間違っていたので修正、内容(「BOOK」データベースより)を追記しました。

Posted by サクマ 2016年09月11日(日) 13:54:02

空棺の烏のページ数と発行日が黄金の烏のものになっていましたので修正しました。

Posted by サクマ 2016年09月11日(日) 13:27:09

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu


管理・編集者

    • 編集者
      • サクマ(sakuma_karasu)
      • あるま(alma_616)
      • ことは(kth00kth)
      • 青霧(ask29hkr29)
    • 文章提供者様
      • ふぃお様
      • 花筐様
    • サイト管理人
      • サクマ(sakuma_karasu)

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます